水分こそ赤ちゃん肌のカギ

山奥で遭難した時に、何よりも先に必要なものいえば、それは飲み水です。同じように、肌において最も重要なものも水分と記憶してください。

赤ちゃんの肌が美しいのは、水分が豊富に含まれているからです。みずみずしく澄み切った肌。

そのカギはズバリ、水分なのです。

それでは水分が減ると、肌はどんなふうになるか。
硬く、ゴワゴワとして弾力を失い、色はくすみ、化粧も浮いて見えてしまいます。

また、肌は水気が無くなると敏感になってしまうので、かゆみや赤みが出たり、ニキビもできやすくなってしまいます。

水分が少ないと油分だけが浮いて見えるため、テカってしまう危険性があります。

これらに相当する人は、クレンジングや保湿のケアを改めることが必要です。

 

乾燥肌とは

「乾燥肌とは何か」この問いに、きっちりと答えられる人はほとんどいないと思われます。肌の一番上の部分、つまり角質に水分が20~30%くらいあるのが健康な状態で、これ以下になったものが乾燥肌です。粉をふく事態になったときは、10%以下になってしまっていると考えられます。

 

肌の水分は年齢とともに減っていく

肌の水分は赤ちゃんの時が一番多く、年齢につれて一直線にダウンします。これをさらに加速するのが、強いクレンジングや間違った保湿ケアです。

 

真の美人を目指しましょう

人は皆、美しい肌を持って生まれてきます。それを間違ったケアで傷つけてしまっている女性が多くいます。スキンケアに肝要なのは知識です。最先端のケアや口コミ美容などに惑わされていたのでは、肌は逆に荒れていくでしょう。真の美人を目指すために正しいケアを学んで、肌に自信を持ちましょう。