皮脂はしっかりとるのが美肌のルール

過剰な皮脂は、テカリやニキビの原因にもなる美容の敵。それだけではありません。毛穴から出た皮脂は、時間と共に肌の上で酸化され、過酸化脂質に変わります。これが肌を刺激して、毛穴が開く原因になるのです。

あぶらとり紙で皮脂を取ることは、毛穴の開きを防止するためにも有効です。ティッシュなどで取ることはお勧めできません。ティッシュの繊維が肌に刺激になるからです。

皮脂はやはり、あぶらとり紙で押さえて取るのがベストです。取れる限り、何枚でも当てましょう。

 

あぶらとり紙で「とりすぎ」にはならない

よく、あぶらとり紙は皮脂を取りすぎるから良くないという人がいますが、それは違います。分泌された皮脂は、一部が液体で一部がロウのような固体の形状をしており、固体の部分が肌をワックスのようにコーティングして守っています。あぶらとり紙を当てても液体の部分しか取れないので、とりすぎにはならないのです。

皮脂を取るべきと言っても、1日に何度も顔を洗うと、かえって皮脂腺を刺激して脂性肌になることもあります。洗顔は1日2回までとし、浮いてきた皮脂はあぶらとり紙で押さえます。

 

こすらずに押し当てるのが正解

あぶらとり紙を肌に押し当てて、紙の上から指をくるくると動かします。こうすると鼻周りなどの細かい部分も脂が取れやすくなります。たくさんとりたいからといって、こするのは×。肌の刺激になるので注意しましょう。

毛穴が開く理由

毛穴周りに溜まる皮脂が皮膚を刺激して毛穴が広がります。

あぶらとり紙を選ぶときのコツ

脂性肌でニキビができやすい人は、皮脂をしっかりとるとニキビ予防になるので、あぶらとり紙はとった後に肌がサラサラになるタイプがベストです。あまり脂性でない人は、そこまでこだわらなくてもOKです。
敏感肌の人は、パウダー入りを使うとパウダーが刺激になるので避けた方が良いです。